Feature-img

 

"第3世代AI"が切り拓く人材戦略の未来

フォーラムエンジニアリングの取組みをレポートで全てご覧いただけます

 


ロボボスレポート

スマート・マシンを「ロボボス」として採用する計画を立てる


マネージャーの職務は、チームの編成と成果の達成において極めて重要なものである。イノベーションに注力しているリーダーは、人工知能を搭載したスマート・マシンにマネージャーの職務を代行させる、マネージャーのパフォーマンスをスマート・マシンで強化する、といったスマート・マシンの新たな可能性について検討を開始する必要がある。
ガートナーは2015年に、「2018年までに、全世界で300万人以上の従業員がロボボスの監督下に置かれるようになる」と予測した。来たるべき未来に備えるために、ロボボスを迎えることによる影響や、イノベーション・リーダーへの推奨事項、予測に基づく分析を紹介する。

レポート

製造業に迫りくる人材危機を乗り越える戦略


少子化や理工系学生の減少などによってモノづくりの担い手は少なくなっており、国内の製造業はかつてない人材危機を迎える。
この危機に備えるには、省人化と人材再配置、可能性ある人材を迅速に見極め積極的に採用、育成することが急務といえる。
弊社フォーラムエンジニアリングは、製造業のエンジニアに特化したマッチングにより、スピーディな採用と、適材適所へ再配置を実現するプラットフォームCognitive Staffing(R)を開発。迫りくる製造業の人材危機へ対処するのに有用なこのプラットフォームを紹介する。
 

下記フォームにて必要事項の入力の上、レポートをご覧ください。

* は必須入力となっております。

 

ガートナーカスタムニュースレター「"第3世代AI"が切り拓く人材戦略の未来」2017.10.10